新小岩:iPad Retina(第4世代)修理(ガラス割れ、フロントガラス交換)

本日は、東京都江戸川区から新小岩駅から電車でご来店いただき、iPad Retinaのガラス割れ修理を承りました。
iPad Retinaは、iPadシリーズの第4世代で、iPad4と称される場合もあります。
この機種は、CPUがA6Xに変更され、処理パフォーマンス向上と、フロントカメラ強化され、高解像度のRetinaディスプレイと相まって、より綺麗な映像が魅力となり、話題になりました。
ご依頼のお客様も、ビジネスで、プレゼンテーションや資料管理など、幅広くご愛用だった様です。
しかし、ビジネスで使用中に、誤って落下させてしまい、ガラスが破損してしまった様です。
ビジネスで使用しているので、中身のデータが重要で、尚且つなるべく早く、修理を完了したいと考えておられました。
Appleでは、データは基本的に初期化対応、さらに在庫が無い場合は、長時間待たされる事になります。
使用頻度が高く、データが大切なビジネスマンには、非正規のiFixDeliveryの様な修理業者に依頼するメリットは、非常に魅力です。
お客様も、このメリットに魅力を感じ修理業者を探されたとのことでした。
都内の修理業者数件に、問い合わせしたところ、なかなかiPad修理に対応可能な業者が見つからずに、色々リサーチした結果、iFixDeliveryを見つけて戴けました。
弊社は、来店以外にも宅配にて全国から修理を受け付けています。
多くの修理を経験して培われた、技術力に自信自信が御座います。
iPhone・iPad全世代・全症状に対応できますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
では、iPad Retinaの状態を確認致します。

iPad Retinaガラス割れ修理前黄色い丸に注目して下さい。
落とした衝撃を示す落下痕があります。
iPadは画面が大きく、落としてしまうと、角を中心に亀裂が入る場合が多いです。
今回も上部の角と、下部の角からホームボタン付近にかけて、凹みが見られます。
iPadは、フレームが軽量化され、薄く作られている為、強い衝撃を受けると、凹んでしまう可能性がたかいです。
その凹みは、修正を行はなくては、ガラスの浮きや亀裂の再発のきっかけとなる場合があります。
また、しっかりフレームの特性と正常の幅を把握していない場合、修正不足や過多により、修理時後すぐに少しの衝撃で亀裂が発生し兼ねません。
弊社には、多くの症例を的確にこなせるiPad修理のスペシャリストが在籍しております。
確かな技術力と豊富な知恵を駆使し、修理を行う為、フレーム修正の様に、修理後も重要な役割を果たす修理に力を入れております。
本日は、2箇所の修正となりますが、しっかり対応していきます。
では、修正箇所の確認を致します。

iPad Retina フレーム修正1箇所目 修正前黄色の丸にご注目下さい。
赤い矢印の方向から力が加わり、内側に大きく変形しています。
フレームが極度に変形している場合、新しいガラスを装着する事ができずに、修理が不可能となります。
また、フレームは薄く繊細であることと、衝撃によって変形しているフレームは脆く、修正には細心の注意が必要になります。
このフレームの変形が大きいと、技術の低い修理業者では、修理自体を断られる事もあります。
弊社では、各iPadの特性を理解し、的確に修正が出来るスペシャリストが在籍していますので、他店舗で断られてしまった場合も対応可能な場合が御座いますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
※フレーム修正のみの作業は承っておりません。また、状態によっては、修正不可能な場合も御座います。
では、修正を致します。

iPad Retina フレーム修正1箇所目 完了フレームの変形が激しかったのですが、適切な圧力を掛け慎重に修正を行い、ガラス面に負荷が掛からない適正な幅に修正が完了いたしました。
では、続いて2箇所目の修正を致します。
こちらも、状態の確認から致します。

iPad Retina フレーム修正2箇所目 修正前こちらは、2箇所の変形が御座います。
①は、先程と同様に角に衝撃が加わり内側に変形しております。
②は、角に衝撃が加わった後に、こちら側にも落下による衝撃が加わった様です。
ガラスが剥がれている事からも、衝撃が大きい事が予想できます。
この場所には、Wi-Fiアンテナとスピーカー類が有り、ケーブル類に圧力が掛からない様に考慮しながら行う場所で御座います。
この修正にも、技術と経験を活かす修正となります。
では、フレーム修正を致します。

iPad Retina フレーム修正2箇所目 完了ご覧の様に、フレーム修正が完了致しました。
ガラスに負荷かが掛からない絶妙な修正となっております。
ここまで、正確に修正する事で、修理後に亀裂の再発リスクを抑える事が、実現できます。
iFixDeliveryでは、修理後のリスクも考慮している為、フレーム修正に力を入れております。
では、新しいフロントガラスを装着致します。

iPad Retinaガラス割れ修理完了以上が、今回の修理工程で御座います。
ガラスも新品同様の輝きを取り戻し、凹んでしまったフレームも正常な状態に修正されています。
修理完了後、丁寧に拭き、お客様のご来店をお待ちしました。
出来栄や修理スピードに満足していただけるお言葉を戴けました。

修理費用
iPad Retina(第4世代) フロントガラス交換 7,900円
フレーム修正費用 3,000円

以上で、ございます。

iFixDeliveryではiPhone、iPadの各世代の修理に対応しております。
受け付け方法も直接神田店に来店は勿論、遠方の方は宅配修理、近隣だが来店が難し方はデリバリー修理で、お客様のご都合に、対応可能でございます。
iFixDeliveryの店舗は神田駅、新日本橋駅、三越前駅より徒歩5分以内の場所にございます。
永田町駅、神保町駅、大手町駅、九段下駅、渋谷駅からも東京メトロ半蔵門線ご利用で、スムーズにアクセス可能でございますので、修理依頼をお待ちしております。
また、宅配修理では沖縄県、宮崎県、熊本県、福岡県、鹿児島県、佐賀県、長崎県、大分県など、日本全国から修理を随時受け付けております。
信頼のiphone修理はiFixDelivery ガラス割れ/バッテリー交換/水没修理/iPad修理
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町4丁目2-1 新商日本橋ビル5F
修理受付:080-4910-6900

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *